Challenge

リーディングマラソン for チルドレン - Read For Children-

にいな
達成金額
136,500
目標金額
100,000
達成率 137 %
サポーター
22人
終了
2021/8/31
寄付する
  • 寄付金はユニセフを通じて、世界の子どもたちのために役立てられます。

プロジェクト概要

【どのような活動か】
中学校1年生の女子です(2021年4月、中学3年に進級しました)。
1週間に本を1,000ページ読むことを皆さんに応援していただき、
集めた寄付金を食べ物に困っている子供たちのためにユニセフを
通じて寄付する活動です。
目標は100,000(10万) ページ継続して読み、
1ページ1円(10万円)の支援をすることです。
毎週、週に1回、どんな本を何ページ読んだか、新着情報で
報告していきたいと思っています。

【立ち上げた理由】
世界の様々な地域には、貧困に苦しんでいる人が多勢いることは以前から
知ってはいました。
しかし、具体的に何ができるのかわからないでいました。
そんな時、緒方貞子さんと中村哲さんの追悼番組を観ました。彼女たちの信念に触れて、
私自身も、今、ここで、何かできることをしたいと、いてもたってもいられなくなり
調べていたところ、中学生でもチャレンジできるフレンドネーションに出会い、
プロジェクトを立ち上げました。

【私のミッション】
世界中の私よりも小さな歳の子たちの栄養失調を少なくしたいです。

100,000 円集まると、例えば...
  • 子どもの免疫力を高めて病気にかかりにくくするビタミンAカプセル62,500錠に。
  • 重度の栄養不良の子どもたちのための治療用ミルク308袋に。
輸送や配布のための費用は含まれておりません / 1米ドル=107円で計算 / 2021年1月現在 / 寄付の金額は任意です。

新着情報

2021/05/09

74週目:5月10日~5月16日のリーディングマラソン予定

前週、73週目;ダニエル グリーンバーグ、大沼 安史(翻訳)「世界一素敵な学校 -サドベリー・バレー物語-」、ランディ パウシュ、矢羽野 薫(翻訳)「最後の授業 -ぼくの命があるうちに-」、苅谷剛彦「学校って何だろう-教育の社会学入門-」、藤原和博「お金じゃ買えない。-[よのなか]の歩き方(1)- 」の計1,037ページ、73週目までの累計は82,711ページです。(つづきは、こちらをご覧ください)

2021/05/02

73週目:5月3日~5月9日のリーディングマラソン予定

前週、72週目;橋爪大三郎「面白くて眠れなくなる社会学」、重松清「とんび」、重松清「その日のまえに」、阿久悠「凛とした女の子におなりなさい-日本人らしいひと-」の計1,126ページ、72週目までの累計は81,674ページです。(つづきは、こちらをご覧ください)

2021/04/25

72週目:4月26日~5月2日のリーディングマラソン予定

前週、71週目;あさのあつこ「10代の本棚-こんな本に出会いたい」、池田晶子「14歳の君へ-どう考えどう生きるか」、佐治晴夫「14歳のための物理学」、森乃おと「草の辞典-野の花・道の草」、福岡伸一「わたしのすきなもの」の計1,037ページ、71週目までの累計は80,548ページです。

(つづきは、こちらをご覧ください)

2021/04/18

71週目:4月19日~25日のリーディングマラソン予定

前週、70週目;リチャード・バック 、五木 寛之 (翻訳)「かもめのジョナサン 完成版」、井上靖「しろばんば」、川崎 悟司「カメの甲羅はあばら骨 -人体で表す動物図鑑-」、能勢 博「ウォーキングの科学 -10歳若返る、本当に効果的な歩き方-」の計1,222ページ、70週目までの累計は79,511ページです。

(つづきは、こちらをご覧ください)

2021/04/11

70週目:4月12日~4月18日のリーディングマラソン予定

前週、69週;外山滋比古「人に聞けない大人の言葉づかい」、凪良ゆう「滅びの前のシャングリラ」、柳田国男「遠野物語」、高橋源一郎「ゆっくりおやすみ、樹の下で」の計1,089ページ、69週目までの累計は78,289ページです。 


 外山滋比古「人に聞けない大人の言葉づかい」は大人として恥ずかしくない手紙の書き方や相手の心証をよくする電話の応対などことばの教養が磨かれる本でした。私が面白いと思った章は第3章の「大人が使うあいまいな日本語」です。(つづきは、こちらをご覧ください)

2021/04/04

69週目:4月5日~4月11日のリーディングマラソン予定

前週、68週;小出裕章「隠される原子力・核の真実―原子力の専門家が原発に反対するわけ」、日隅一雄、木野龍逸「検証 福島原発事故・記者会見―東電・政府は何を隠したのか」、丸山貴史、今泉忠明 (監修)「わけあって絶滅しました。 世界一おもしろい絶滅したいきもの図鑑」、久留飛克明 「家の中のすごい生きもの図鑑」、今泉忠明(監修)「ざんねんないきもの事典」「続ざんねんないきもの事典」の計1,085ページ、68週目までの累計は77,200ページです。


 小出裕章「隠される原子力・核の真実―原子力の専門家が原発に反対するわけ」は、中学校の卒業研究のため再度読み直しました。前回読んだ時もそうでしたが、私は第一章が最も印象に残りました。(つづきは、こちらをご覧ください)

2021/03/28

68週目:3月29日~4月4日のリーディングマラソン予定

前週、67週;小出裕章、西尾正道「被ばく列島放射線医療と原子炉」、安冨歩「生きる技法」、山口絵理子「自分思考」、大野正人「失敗図鑑 すごい人ほどダメだった!」、斗鬼正一「開幕! 世界あたりまえ会議-私の「ふつう」は、誰かの「ありえない」」、本郷和人(監修)「東大教授がおしえる やばい日本史」の計1,130ページ、67週目までの累計は76,115ページです。


 小出裕章、西尾正道「被ばく列島放射線医療と原子炉」は放射線医療と原子炉にていて詳しく書いてありました。この本で赤ちゃんが体内にいるうちに被爆してしまったり、生まれてきてしまったりすると何らかの障害を持って生まれてきたり、(つづきは、こちらをご覧ください)

2021/03/21

67週目:3月22日~3月28日のリーディングマラソン予定

前週、66週;金菱清(ゼミナール)編集「私の夢まで、会いに来てくれたー3.11 亡き人とのそれから」、若松丈太郎「福島原発難民―南相馬市・一詩人の警告 1971年‐2011年」、小出裕章「この国は原発事故から何を学んだのか」(幻冬舎ルネッサンス)、宮台真司、飯田哲也「原発社会からの離脱 自然エネルギーと共同体自治に向けて」(講談社)、矢部太郎 「大家さんと僕」「大家さんと僕 これから」(新潮社)の計1,163ページ、66週目までの累計は74,985ページです。


 金菱清(ゼミナール)編集「私の夢まで、会いに来てくれたー3.11 亡き人とのそれから」は東日本大震災で大切な人を亡くした方々の夢に、その亡くなった人が出てくるという体験をされた方のお話がたくさん載っていました。(つづきは、こちらをご覧ください)

2021/03/14

66週目:3月15日~3月21日のリーディングマラソン予定

前週、65週;石黒圭「論文レポートの基本」、アンドレス・ダンサ、エルネスト・トゥルボヴィッツ、大橋 美帆(翻訳)「ホセ・ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領」、カルミネ・アバーテ、関口 英子(翻訳)「ふたつの海のあいだで」、河野 進「河野進詩集」、香山哲「ベルリンうわの空」の計1,130ページ、65週目までの累計は73,822ページです。(つづきは、こちらをご覧ください)

2021/03/07

65週目:3月8日~3月14日のリーディングマラソン予定

前週、64週;小笠原喜康「中高生からの論文入門」、戸田山和久「新版 論文の教室 レポートから卒論まで」、辻村深月「傲慢と善良」、白川義員「聖書の世界」の計1,105ページ、64週目までの累計は72,692ページです。


 小笠原喜康「中高生からの論文入門」は中学3年生で行う卒業研究のために読みました。特にフィールドワークについて書かれている箇所をじっくりと読みました。フィールドワークをするときは、取材先・連絡先を調べ取材申し込みをする=>取材をする=>記録をする=>お礼をする、という手順で行います。(つづきは、こちらをご覧ください)

もっと見る

コメント(9)

2021/01/10 にいな
新年にいただいたお年玉からユニセフ募金をします。目標達成に向けてラストまでがんばります。
2020/12/26 冬野あかり 500円
リーディングマラソン、頑張って下さい。
私も、英語学習したら、自分で寄付をするプロジェクトを立ち上げました。
他の人のプロジェクトも応援したいと思い、今回、ささやかですが寄付させていただきます。
子どもたちの幸せを祈りつつ。
2020/12/28 冬野あかりさま
応援、そしてユニセフへの寄付をどうもありがとうございます。プロジェクトをされているのですね。
新型コロナウィルスの感染拡大で世界中がたいへんな時ですが希望をもって今、ここでできることをがんばりたいと思います。冬野あかりさまもどうぞお身体を大切にされてください。
2020/03/30 きし
温又柔さんの本の感想文を読んで、私もよんでみたいなと思いました。にいなさんのおかげで、私の世界が広がっています。ありがとう。マラソン、応援しています。
2020/03/31 きしさま

応援とユニセフへのご寄付をありがとうございます。
温又柔さんは芥川賞候補となった「真ん中の子どもたち」など他にも作品があるので、もっと読んでみたいです。

これからもリーディングマラソンを見守っていただけるとうれしいです。どうぞよろしくお願いします!
2020/02/21 koji 5,000円
中学生で憧れの先輩を持てる人、尊敬します。そして素晴らしい行動力、未来の日本、いえ世界に希望が持てます。
今後も今の気持ちを大切に育んでください。
2020/02/23 kojiさま

ご支援ありがとうございます!
私の行動はまだまだ未熟ですが、これからも様々なことにチャレンジしていきます!!
応援よろしくお願いします。!
2020/01/13 にいな
新年にいただいたお年玉からユニセフ募金をします。
これからもリーディングマラソン、がんばります!
2019/12/30 松島
緒方さんや中村医師に触発されたとのことですが、それを実際に行動に移すことはなかなか出来ないことだと思います(実際に私は何も行動できていません・・・f(^o^;)、これからも「自分で何ができるかを考えて行動」を続けてくださいッ!応援しています!!
2019/12/30 松島さま

あたたかい応援のお言葉、ありがとうございます!
緒方貞子さんは、わたしにとって遠いとおい、あこがれの先輩です。
行動することを大切にしていきたいです。
2019/12/14 ライアン 3,000円
今のその思いを大切に育てていってください。経過報告を楽しみにしています。
2019/12/30 ライアンさま

応援ありがとうございます!
本を読みたくてもかなわない子どもたちのことも考えながら、リーディングマラソンを続け、何かの役に立ちたいです。
2019/12/14 さくらじま 3,000円
心を動かされ、すぐに行動できるなんて本当に素晴らしいと思います。本をたくさん読むことも、世界を知るにはとても大事なこと。影ながら応援しています。
2019/12/30 さくらじまさま

ご支援、ありがとうございます!
これからもリーディングマラソンを続けて、UNICEFを通じて支援していきたいです。
2019/12/14 なかよし
「たくさん本を読んで、世界で食べ物に困っている子どもたちを支援する」
とっても素敵なチャレンジですね。応援します!
2019/12/30 なかよしさま

応援ありがとうございます!
これからも様々なことにチャレンジしていきます!!
寄付する
  • 寄付金はユニセフを通じて、世界の子どもたちのために役立てられます。
寄付する
  • 寄付金はユニセフを通じて、世界の子どもたちのために役立てられます。