Challenge

リーディングマラソン for チルドレン - Read For Children-

にいな
達成金額
136,500
目標金額
100,000
達成率 137 %
サポーター
22人
終了
2021/8/31
寄付する
  • 寄付金はユニセフを通じて、世界の子どもたちのために役立てられます。

プロジェクト概要

【どのような活動か】
中学校1年生の女子です(2021年4月、中学3年に進級しました)。
1週間に本を1,000ページ読むことを皆さんに応援していただき、
集めた寄付金を食べ物に困っている子供たちのためにユニセフを
通じて寄付する活動です。
目標は100,000(10万) ページ継続して読み、
1ページ1円(10万円)の支援をすることです。
毎週、週に1回、どんな本を何ページ読んだか、新着情報で
報告していきたいと思っています。

【立ち上げた理由】
世界の様々な地域には、貧困に苦しんでいる人が多勢いることは以前から
知ってはいました。
しかし、具体的に何ができるのかわからないでいました。
そんな時、緒方貞子さんと中村哲さんの追悼番組を観ました。彼女たちの信念に触れて、
私自身も、今、ここで、何かできることをしたいと、いてもたってもいられなくなり
調べていたところ、中学生でもチャレンジできるフレンドネーションに出会い、
プロジェクトを立ち上げました。

【私のミッション】
世界中の私よりも小さな歳の子たちの栄養失調を少なくしたいです。

100,000 円集まると、例えば...
  • 子どもの免疫力を高めて病気にかかりにくくするビタミンAカプセル62,500錠に。
  • 重度の栄養不良の子どもたちのための治療用ミルク308袋に。
輸送や配布のための費用は含まれておりません / 1米ドル=107円で計算 / 2021年1月現在 / 寄付の金額は任意です。

新着情報

2021/08/01

86週目:8月2日~8月8日のリーディングマラソン予定

前週、85週目;田口 理穂「市民がつくった電力会社―ドイツ・シェーナウの草の根エネルギー革命」、池内 了「娘と話す 原発ってなに? 」、朝日新聞科学医療グループ「『震度6強』が原発を襲った」、立石雅昭「地震列島日本の原発―柏崎刈羽と福島事故の教訓 」、みんなのデータサイトマップ集編集チーム 「図説・17都県放射能測定マップ+読み解き集: 2011年のあの時・いま・未来を知る 」の計1,036ージ、84週目までの累計は95,566ページです。(ただいま、編集中)

2021/07/25

85週目:7月26日~8月1日のリーディングマラソン予定

前週、84週目;江國 香織「号泣する準備はできていた」、辻村 深月「朝が来る」、細田 守「おおかみこどもの雨と雪」、パウロ・コエーリョ(著)、山川紘矢・山川亜希子(翻訳)「アルケミスト 夢を旅した少年」の計1,043ージ、84週目までの累計は94,530ページです。(つづきは、こちらをご覧ください)

2021/07/18

84週目:7月19日~7月25日のリーディングマラソン予定

前週、83週目;重松 清「その日のまえに」、知念 実希人「祈りのカルテ」、辻村 深月「ハケンアニメ!」の計1,259ージ、83週目までの累計は93,487ページです。(つづきは、こちらをご覧ください)

2021/07/11

83週目:7月12日~7月18日のリーディングマラソン予定

前週、82週目;金菱清(ゼミナール)編集「呼び覚まされる 霊性の震災学」、山岡俊介「福島第一原発潜入記-高濃度汚染現場と作業員の真実」、安冨 歩「原発危機と「東大話法」―傍観者の論理・欺瞞の言語」、高木仁三郎「原発事故はなぜくりかえすのか」、長谷川公一 「脱原子力社会へ―電力をグリーン化する」の計1,104ージ、82週目までの累計は92,228ページです。(つづきは、こちらをご覧ください)

2021/07/04

82週目:7月5日~7月11日のリーディングマラソン予定

前週、81週目;長田弘「長田弘詩集」、大谷美和子「ひかりの季節に」、広瀬隆、明石昇二郎「原発の闇を暴く」、ASIOS、アンドリュー・ウォールナー「検証 大震災の予言・陰謀論 “震災文化人たち”の情報は正しいか」、山本義隆「福島の原発事故をめぐって―いくつか学び考えたこと」の計1,088ージ、81週目までの累計は91,124ページです。(つづきは、こちらをご覧ください)

2021/06/27

81週目:6月28日~7月4日のリーディングマラソン予定

前週、80週目;新潟日報社 特別取材班「原発と地震-柏崎刈羽「震度7」の警告」などの計1,339ページ、80週目までの累計は90,036ページです。(詳細はこちらをご覧ください)

2021/06/20

80週目:6月21日~6月27日のリーディングマラソン予定

前週、79週目;計1,151ページ、76週目までの累計は88,697ページです。(この「新着情報」に書き込める量が制限されているようなので詳細はこちらをご覧ください)

2021/06/13

79週目:6月14日~6月20日のリーディングマラソン予定

前週、78週目は、週末に体調を崩してしまい、ほぼ1週間静養していました。コロナ渦で普段より心配しましたが、先日の検査でも問題なく、現在回復に向かっています。(つづきは、こちらをご覧ください)

2021/06/06

体調不良

体調不良のため、回復しましたら次週以降に更新いたします。

2021/05/30

77週目:5月31日~6月6日のリーディングマラソン予定

前週、76週目;「福島第一原発収束作業日記」、「福島第一原発 1号機冷却『失敗の本質』」、「原子力神話からの解放」、「原子力規制委員会」の計1,065ページ、76週目までの累計は85,838ページです。(つづきは、こちら

もっと見る

コメント(9)

2021/01/10 にいな
新年にいただいたお年玉からユニセフ募金をします。目標達成に向けてラストまでがんばります。
2020/12/26 冬野あかり 500円
リーディングマラソン、頑張って下さい。
私も、英語学習したら、自分で寄付をするプロジェクトを立ち上げました。
他の人のプロジェクトも応援したいと思い、今回、ささやかですが寄付させていただきます。
子どもたちの幸せを祈りつつ。
2020/12/28 冬野あかりさま
応援、そしてユニセフへの寄付をどうもありがとうございます。プロジェクトをされているのですね。
新型コロナウィルスの感染拡大で世界中がたいへんな時ですが希望をもって今、ここでできることをがんばりたいと思います。冬野あかりさまもどうぞお身体を大切にされてください。
2020/03/30 きし
温又柔さんの本の感想文を読んで、私もよんでみたいなと思いました。にいなさんのおかげで、私の世界が広がっています。ありがとう。マラソン、応援しています。
2020/03/31 きしさま

応援とユニセフへのご寄付をありがとうございます。
温又柔さんは芥川賞候補となった「真ん中の子どもたち」など他にも作品があるので、もっと読んでみたいです。

これからもリーディングマラソンを見守っていただけるとうれしいです。どうぞよろしくお願いします!
2020/02/21 koji 5,000円
中学生で憧れの先輩を持てる人、尊敬します。そして素晴らしい行動力、未来の日本、いえ世界に希望が持てます。
今後も今の気持ちを大切に育んでください。
2020/02/23 kojiさま

ご支援ありがとうございます!
私の行動はまだまだ未熟ですが、これからも様々なことにチャレンジしていきます!!
応援よろしくお願いします。!
2020/01/13 にいな
新年にいただいたお年玉からユニセフ募金をします。
これからもリーディングマラソン、がんばります!
2019/12/30 松島
緒方さんや中村医師に触発されたとのことですが、それを実際に行動に移すことはなかなか出来ないことだと思います(実際に私は何も行動できていません・・・f(^o^;)、これからも「自分で何ができるかを考えて行動」を続けてくださいッ!応援しています!!
2019/12/30 松島さま

あたたかい応援のお言葉、ありがとうございます!
緒方貞子さんは、わたしにとって遠いとおい、あこがれの先輩です。
行動することを大切にしていきたいです。
2019/12/14 ライアン 3,000円
今のその思いを大切に育てていってください。経過報告を楽しみにしています。
2019/12/30 ライアンさま

応援ありがとうございます!
本を読みたくてもかなわない子どもたちのことも考えながら、リーディングマラソンを続け、何かの役に立ちたいです。
2019/12/14 さくらじま 3,000円
心を動かされ、すぐに行動できるなんて本当に素晴らしいと思います。本をたくさん読むことも、世界を知るにはとても大事なこと。影ながら応援しています。
2019/12/30 さくらじまさま

ご支援、ありがとうございます!
これからもリーディングマラソンを続けて、UNICEFを通じて支援していきたいです。
2019/12/14 なかよし
「たくさん本を読んで、世界で食べ物に困っている子どもたちを支援する」
とっても素敵なチャレンジですね。応援します!
2019/12/30 なかよしさま

応援ありがとうございます!
これからも様々なことにチャレンジしていきます!!
寄付する
  • 寄付金はユニセフを通じて、世界の子どもたちのために役立てられます。
寄付する
  • 寄付金はユニセフを通じて、世界の子どもたちのために役立てられます。