Challenge

【高校生の挑戦】文明の利器に頼らず 社会科見学

佐藤茜音、福田絢音
達成金額
33,000
目標金額
10,000
達成率 330 %
サポーター
14人
終了
2020/3/2
寄付する
  • 寄付金はユニセフを通じて、世界の子どもたちのために役立てられます。

プロジェクト概要

(※詳細は12/21の新着情報をご覧ください)
高校3年生の佐藤茜音と福田絢音です。今回高校生のうちに挑戦したいこととして、インターネットや電車、バスを使わずに徒歩で鎌倉の歴史的建造物を見学したいと思います!

普段生活していると、学校に通い、勉強ができることは当たり前だと思ってしまいます。しかし、世界には学校に通うことのできない子供たちが約1億2300万人います。この事実を知り、学びたいことを学ぶことができる環境にもっと感謝すべきだと気付かされました。

私たちの学びの様子を少しでも多くの方に知っていただき、応援を頂くことで、学ぶことの楽しさを苦境の地にいる子供たちにも感じてもらう手伝いができたらと思います。

今回の企画は出来るだけ多くの人に知ってもらい、たくさんの人のご支援あってこそ実現できるものです。
だからこそ、私たちが学んだことをこの場を通してきちんと報告したいと思います。

私たちの挑戦を見て皆さんにもエネルギーを届けられたらと全力を尽くしていますので、何卒ご支援よろしくお願い致します!



10,000 円集まると、例えば...
  • 子どもの免疫力を高めて病気にかかりにくくするビタミンAカプセル5,882錠に。
  • 重度の栄養不良の子どもたちのための治療用ミルク32袋に。
輸送や配布のための費用は含まれておりません / 1米ドル=109円で計算 / 2020年1月現在 / 寄付の金額は任意です。

新着情報

2020/02/12

【レポート②】円覚寺


北鎌倉駅からすぐに位置する鎌倉五山第二位の円覚寺。

小学生のとき以来です。




けれど、

「北条時宗って元寇のときの執権だよね?」

「円覚寺は無学祖元が開山したんだよね?建長寺の蘭渓道隆とごっちゃになりやすかったー!」


など、小学生のときよりも知識が増え、より学びを深められたと思います。少しだけでも背景を知っていた方が、お寺を見るのも楽しいと感じました!


日本史の勉強頑張ってよかったー!!!







下の写真の右側にあるのが、無学祖元の像です。教科書以外で見られることがあるなんて…と2人で大興奮!笑


平日の朝だったのでほとんど人はいないだろうと思っていましたが、研修で来ている学生のグループや散歩にきている人がちらほら。


その中で、ビジネスで来日しているというアメリカ人の方と少しお話しして仲良くなれました!



私たちのつたない英語を一生懸命聞いてくれて、とてもフレンドリーに接してくださいました!


ビジネスは日本だけでなく、タイでも展開されているそうです。憧れる〜!


最初から素敵な出会いに恵まれました!



2020/01/23

【レポート①】出発!そしてはやくもトラブルが…


今回私たちは「鎌倉五山」を中心に、9箇所の歴史的建造物を訪ねました。


朝9:00に北鎌倉駅からスタート!

眠たい目をこすりながらも、不安とわくわくで心はいっぱい!


スマホの電源を消し、片手に地図、もう片方の手にはデジカメを持ち、意気揚々と出発!




しかし、ここで早くもトラブルが…


「時間がわからない!!!」


腕時計を忘れてしまったので、スマホの電源を消してしまうと、何時か分かりません!!


完全に盲点!


普段どれだけスマホに頼りきりなのか、開始数分で痛感させられました…


幸いなことに、デジカメで時間を確認することができました(デジタルに頼っていますが許してください…)が、好調とはいえないスタート。


しかし、最初の目的地である「円覚寺」は北鎌倉駅のほぼ目の前!


気持ちを切り替え、頑張るぞー!


2020/01/21

【達成のお礼とこれからのご支援について】

まずは、このプロジェクトを応援してくださりありがとうございます‼︎


お陰様で、公開して1ヶ月で目標を達成することができました!

鎌倉へ実際に見学に行く前にこんなにもたくさんの方々にご支援いただき2人で感動しています…!


そして本日、無事に鎌倉見学を終えました。たった1日の挑戦でしたが、新たに学べたこと、素敵な経験を得られたこと、様々な出会いがあったこと…

皆さんにご報告したいことがたくさんあります!!


これから少しずつ、この新着情報を通して私たちの学びを皆さんと共有できたらと思いますので、最後まで見守っていただけると嬉しいです!


今後も寄付を受け付けておりますので、最後までどうかご支援のほどよろしくお願いします‼︎‼︎




2019/12/21

【プロジェクト概要の詳細】


【残りの高校生生活をより充実させたい】


高校3年生の佐藤茜音と福田絢音です。バスケットボール部での活動や日本舞踊など勉強以外のことにも打ち込み、充実した高校生活を送っています。


今回2人で高校生のうちに挑戦したいこととして、インターネットや電車、バスを使わずに徒歩で鎌倉の歴史的建造物をまわりたいと思います!



【挑戦を通じて高校生のうちに様々な経験を積みたい】


高校で学んだ知識を活かして自分たちの目で日本の歴史を見たい!そんな思いからこの企画を思いつきました。

小学校の頃にあった「社会科見学」も、高校生になるとなくなってしまいます。高校ではより深く詳しく学べるのに実際に目で見る機会がないのは残念だと思いました。


また、私たちが中学生になった頃にはスマートフォンが既に普及しており、情報を得るのに苦労した経験があまりありません。大人の方はこの挑戦を当たり前のことだと思われるかもしれませんが、私たちにとっては初めての経験です。だからこそ、自分たちで考えて動く大切さ、実際に顔を合わせてコミュニケーションをとる経験を高校生のうちに学びたいと思っています。



【将来の夢に向けてどうしても高校生のうちに実現させたい】


私たちには将来の夢があります


佐藤茜音

英語部での活動や模擬国連に触れたことで、国際問題に関心を持ちました。将来は世界中の人と協力して様々な課題を成し遂げられる人になりたいです。



福田絢音

私は高校生活で学んだ他者理解の気持ちを生かし、医療ソーシャルワーカーとして働きたいという夢があります。そのためにもこれからボランティア経験など福祉について学びを深め、夢に向かって努力をしていきます。



今はまだ、これらのお仕事をされている方に連絡をとったりお話をきいたりする機会はありません。ただ、私たちの夢を本当に実現させるためには、自ら行動し、周囲の人に相談し、感謝の気持ちを持ちながら、「やりたいこと」を発信することが必要だと思っています。


その第一歩として、フレンドネーションにも挑戦します。フレンドネーションを通して、私たちの挑戦を少しでも多くの人に知ってもらいたいと思っています。



【学ぶことのできる幸せを多くの人と共有したい】


日本に住んでいると、学校に通えること、勉強ができることは当たり前だと思ってしまいます。しかし、世界には貧困や紛争により学校に通うことのできない子供たちが約1億2300万人います。この数字を目の当たりにして、学びたいことを学ぶことができる環境にもっと感謝すべきだと気付かされました。


この私たちの学びの様子を少しでも多くの方に知っていただき、応援を頂くことで、学ぶことの楽しさを苦境の地にいる子供たちにも感じてもらう手伝いができたらと思います。


また、学校の先生方にも協力をいただき、しっかりと計画を立ててきました。出発前から多くの応援や支えを改めて感じることができたことが、すでに貴重な経験となっています。


今回の企画は出来るだけ多くの人に知ってもらい、たくさんの人のご支援あってこそ実現できるものです。


だからこそ、私たちが学んだことをこの場を通してきちんと報告したいと思います。

見学日は2020年1月を予定していますので、同月下旬から活動を報告致します。最後まで見守って頂けると嬉しいです。


皆さんのご支援が必要不可欠です。私たちの挑戦を見て皆さんにも気づきやエネルギーを届けられたらという思いで全力を尽くしていますので、何卒ご支援よろしくお願い致します!



コメント(6)

2020/01/23 まゆまゆ 3,000円
高校生が社会へ目を向け行動をおこすこと、素晴らしいと思います。できそうで出来ないこと。この一歩を大切に、これから広い視野をもって前進してくださいね。
2020/01/21 早起き会社員
しっかりと自らの足で、目標を達成してください。良い思い出を作ってください。
2020/01/14 H.k
Good luck🥰
2020/01/01 セレステ
頑張ってくださいね!
陰ながら応援しています\(^^)/
2019/12/23 スマホ苦手なお年寄り
頑張れ、文明機器に頼りがちな若者たち!
目や耳からの生の情報収集と、手足を動かしての社会科見学をしっかり実行してね。
応援してます!
2019/12/21 Nanami-Cambodia
世界には数多くの子供達が教育を受けることができず、生活のために働くことを余儀なくされています。実際に発展途上国で子供達の様子を見ると、映像や書籍からの情報だけでは現状不十分だと強く感じました。普段の生活で欠かせない電気や水、食べ物の有り難さを凄く考えさせられた私は是非ユニセフ募金を通して貧困の中でも懸命に生きる子供達へ手助けとなるような献金をして欲しいです。活動を全力で応援してます!


寄付する
  • 寄付金はユニセフを通じて、世界の子どもたちのために役立てられます。
寄付する
  • 寄付金はユニセフを通じて、世界の子どもたちのために役立てられます。