今年はオンラインでもハンド・イン・ハンド活動!

日本ユニセフ協会
達成金額
13,000
目標金額
20,000
達成率 65 %
サポーター
4人
終了
2019/1/31

プロジェクト概要

40回目を迎えるハンド・イン・ハンド募金活動の今年のテーマは、「すべての子どもに5歳の誕生日を」。

世界では、5歳の誕生日を迎えることができずに命を落とした子どもは年間で540万人もいます。
子どもたちが健やかに成長し、希望ある未来を過ごせるよう、今年もあたたかなご支援をどうぞよろしくお願いします。

今年からは、この様にオンラインでの募金活動もご参加いただけるようになりました。
「街頭募金活動はできないけれど、何か世界の子どもたちのためにしたい!」
「より多くの方に、募金を呼びかけられたらいいのに… 」
「写真や動画で、活動を周りの人に報告したい!」
――そんなご希望も、オンラインならすべて叶います!
私たちと一緒に、ハンド・イン・ハンドのプロジェクトページも立ち上げてみませんか?
詳しくは> https://friendonation.jp/handinhand/ 

また、このプロジェクトページへのご支援や、SNSでのシェアもぜひお願いします。
このページを通じて寄せられた募金は、ユニセフを通じて、世界の子どもたちを支える活動に役立てられます。

20,000 円集まると、例えば...
  • 子どもの免疫力を高めて病気にかかりにくくするビタミンAカプセル20,000錠に。
  • 重度の栄養不良の子どもたちのための治療用ミルク61袋に。
輸送や配布のための費用は含まれておりません / 1米ドル=111円で計算 / 2019年1月現在 / 寄付の金額は任意です。

新着情報

2018/11/29

昨年のハンド・イン・ハンド中央大会のご紹介(1)

昨年の『ユニセフ ハンド・イン・ハンド募金キャンペーン』の中央大会は12月23日(土)に有楽町駅前広場にて開催されました。その様子をご紹介いたします。


午後12時から15時までの3時間にわたるイベントで、芸能界やスポーツ界からの著名人、ボーイスカウト・ガールスカウト等の子どもたちがボランティアとしてユニセフ募金を呼びかけました。


ご参加いただいた皆さま


■プレイベント


11:50   リトルキャロル


リトルキャロル

オープニングを飾ってくれたのは、ユニセフ ハンド・イン・ハンドに毎年かけつけてくれる女性コーラスグループ「リトルキャロル」の皆さんです。ポップスとクラシックが融合した独自の世界観が魅力のプログラム。会場のお客さんも引き込まれるように聞き入っていました。


12:10   音羽ゆりかご会


音羽ゆりかご会

ユニセフ国際フェスティバル日本代表のほか、イタリアの国際児童音楽祭ではアジア代表として参加・入賞するなど、アジア地域で屈指の実力として知られている「音羽ゆりかご会」の皆さん。子どもたちのかわいい歌声が会場に響きわたりました。


12:25   トリフォニーホールジュニア・オーケストラ


トリフォニーホールジュニア・オーケストラ

クラリネットアンサンブルで素晴らし音色を奏でてくれた「トリフォニーホールジュニア・オーケストラ」の皆さん。クラシックの有名曲からクリスマスにちなんだ曲までたっぷり演奏してくださいました。


12:45    暁星小学校 聖歌隊


暁星小学校

続いてステージを彩ってくれたのは「暁星小学校聖歌隊」の皆さん。全員がきれいな白いアルバ(侍者服)を纏って登場。その歌声は温和でどこまでも透き通っていました。

コメント(3)

2018/10/09 ハンド参加者@都内 3,000円
年末に駅前で募金活動をする予定なのですが、まずはこちらから。
12月はがんばります!
2018/10/04 Red 4,000円
世界の子供達のために、募金しましました!
2018/09/04 みーちゃん 5,000円
子供たちの幸せを願います。
寄付する
  • 寄付金はユニセフを通じて、世界の子どもたちのために役立てられます。